その賢さに人々は驚きを隠せない|ベランダに蔓延る鳩の対策をしよう

今年は早めに

男女の作業員

ハチは秋に向けて、だんだんと大きな巣になっていくため、早い時期には数も少ない傾向に有ります。夏ごろになると、頻繁に餌を運ぶハチを見かけるようになることから、巣の位置を見つけやすくなるため、退治するには絶好の時期といえます。

もっと見る

アリ対策で家を守る

作業者

シロアリは昔から家屋に被害をもたらすアリとして嫌われてきました。今も注意が必要で、その予防や対策は自分でやるより専門の業者に行ってもらった方が確実です。選ぶ際には保証期間が長い業者を選ぶといいでしょう。

もっと見る

害鳥が好む場所とは

ハト

住宅地の方が餌が豊富

憧れのマンションを購入して新生活を始めたらベランダで鳩による被害が起こるようになったという話をよく聞きます。これらの鳩は大部分がドバトと呼ばれる種類のもので日本全国に生息しており繁殖力が旺盛です。鳩がベランダを好むのはここがカラスなど天敵に襲われにくいからです。森や山より人工の建造物の方が鳩にとっては安全な場所なのです。それに住宅地に住む方が鳩にとっては餌も豊富にあることも理由の一つです。ベランダに来るようになった鳩は糞を落として洗濯物などを汚したりします。また風に乗って羽毛や糞が部屋の中に入ってきてアレルギーや喘息の原因となることもあります。また糞には様々な病気の原因となる細菌やウィルスなどがあるのです。

ネットを張る場合も

ベランダが鳩の糞で汚れるようになったら至急駆除対策を取らなければなりません。放置しておくと巣を作ったりしてますます被害がひどくなるからです。駆除対策をするにはまずベランダを片付けることが必要です。鳩は雑然としたベランダを好むからです。不用品などが乱雑に置かれたベランダは鳩にとっては外敵に見つかりにくい安全な場所となります。物を少なくして時々ベランダに出て様子を見ることも鳩を近づかせないための対策となります。被害がひどい場合はネットを張ることも効果的です。これは隙間を作らないように張ることが大切で小さな隙間があればそこから入り込んできます。またテグスや剣山などを取り付けることも駆除対策として有効です。もしそれらを行なっても効果が現れないのであれば、専門業者に依頼しましょう。専門業者であれば、今現在の悩みのみならず、今後も鳩が寄り付かないような対策も同時に行なってくれます。その賢さに人々は驚きを隠せないと言われているでしょう。

専門業者に依頼しよう

家

南京虫は近年話題となっている害虫です。とはいっても何も対策がないわけではありません。南京虫駆除を取り扱っている害虫駆除のプロフェッショナルの業者があるのです。もしもの時のために、日ごろから連絡先などを分かるようにしておきましょう。そして南京虫駆除をしっかりと行っていただくようにしましょう。

もっと見る